人気ブログランキング | 話題のタグを見る


漆職人 定池家の日常を口ベタな旦那さんにかわり、やんわりと紹介します。 (漆職人夏子)


by 漆職人夏子

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

印鑑ケースのお仕事 蒔絵編その1  2021.05.17

塗りの工程の次は蒔絵の工程です。
今回は「鶴亀蒔絵」のご依頼で、まずは流水の研ぎ出し蒔絵の部分です。
印鑑ケースのお仕事 蒔絵編その1  2021.05.17_c0213599_21150656.jpg


印鑑ケースのお仕事 蒔絵編その1  2021.05.17_c0213599_21192112.jpg



印鑑ケースのお仕事 蒔絵編その1  2021.05.17_c0213599_21202459.jpg


印鑑ケースのお仕事 蒔絵編その1  2021.05.17_c0213599_21211942.jpg
流水の一辺づつを漆を塗っては金粉を蒔いていきます。
金粉を毛棒で蒔きぼかす「はっかけ」という技法です。


印鑑ケースのお仕事 蒔絵編その1  2021.05.17_c0213599_21261733.jpg


印鑑ケースのお仕事 蒔絵編その1  2021.05.17_c0213599_21235071.jpg


印鑑ケースのお仕事 蒔絵編その1  2021.05.17_c0213599_21273123.jpg
側面の霞などには金梨地紛を蒔き乾燥後、透き漆で全体を塗り込みます。



印鑑ケースのお仕事 蒔絵編その1  2021.05.17_c0213599_21301378.jpg
乾燥後、駿河炭で全体を研ぎ、金粉を研ぎ出します。
研ぎすぎると金粉が無くなる(研ぎ破り)ので気を使う作業です。


印鑑ケースのお仕事 蒔絵編その1  2021.05.17_c0213599_21352566.jpg
亀が乗る岩に金粉を蒔きます。
乾燥させ漆を塗り込み研いで仕上げます。

ここまでで研ぎ出し部分と岩の研ぎ出し部分の工程が終わりました。
次回は鶴亀の蒔絵工程をご紹介いたします。


by urushisada | 2021-05-17 23:14 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

リンク

カテゴリ

全体
金継ぎ
漆アクセサリー
木工のお仕事
我が家のこと
仏壇・仏具の仕事
厨子の仕事
漆工芸品の仕事
漆の材料・道具
展覧会
異業種交流

タグ

(191)
(178)
(150)
(126)
(109)
(103)
(91)
(81)
(61)
(56)
(55)
(44)
(40)
(39)
(39)
(23)
(23)
(22)
(21)
(10)
(5)
(4)

最新の記事

オーダーメイドの仏壇 下地編..
at 2022-11-02 18:35
オーダーメイドの仏壇 下地編..
at 2022-09-30 23:48
オーダーメイドの仏壇の制作 ..
at 2022-09-26 00:19
オーダーメイドの仏壇 完成編..
at 2022-09-23 00:43
ファッションショーのアクセサ..
at 2022-09-16 15:24

記事ランキング

以前の記事

2022年 11月
2022年 09月
2022年 05月
2022年 03月
2022年 01月
more...

最新のコメント

中武賢臣
by 星川みおん at 21:06
年賀状
by 年賀状 at 21:06
佐久間采那
by 慶越雄二 at 22:01
年賀状
by 年賀状 at 22:01
> にゃん子様 そうな..
by urushisada at 00:06

ブログジャンル

クリエイター
北陸

画像一覧