人気ブログランキング |


漆職人 定池家の日常を口ベタな旦那さんにかわり、やんわりと紹介します。 (漆職人夏子)


by 漆職人夏子

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ:漆工芸品の仕事( 210 )

テールピースに双竜蒔絵 その弐 2020.09.10

ヴァイオリニストでNHK交響楽団
第一コンサートマスターの篠崎史紀様からのご依頼で、
ヴァイオリンとチェロのテールピースに
龍の蒔絵を描かせて頂いております。
前回の金粉を蒔き乾燥したその後をご紹介いたします。

テールピースに双竜蒔絵 その弐  2020.09.10_c0213599_23312687.jpg
漆を塗り込みます。



テールピースに双竜蒔絵 その弐  2020.09.10_c0213599_23321653.jpg

テールピースに双竜蒔絵 その弐  2020.09.10_c0213599_23323609.jpg
漆によって固められた金粉を
目の細かい砥石と炭を使い、黒の漆面に傷を付けないように研ぎ出します。




テールピースに双竜蒔絵 その弐  2020.09.10_c0213599_23425362.jpg

顔や胴体の金色を仕立上げた後
炎を朱金に、腹を梨子地に仕立て上げます。
工程数が多くなりますが
塗り込みの際に他の色が入り込まないようにする為
同時には行いません。

全て仕立て上げた後に
少量の油砥石粉で龍を磨き上げます。
  
テールピースに双竜蒔絵 その弐  2020.09.10_c0213599_23333866.jpg


テールピースに双竜蒔絵 その弐  2020.09.10_c0213599_23350428.jpg

テールピースに双竜蒔絵 その弐  2020.09.10_c0213599_23420294.jpg
鱗の上絵を白で描き、金粉を真綿で蒔きます。
乾燥後に全体に漆を摺り込み磨いて完成です。


テールピースに双竜蒔絵 その弐  2020.09.10_c0213599_23390258.jpg


テールピースに双竜蒔絵 その弐  2020.09.10_c0213599_23400244.jpg
前回に引き続きご縁あって貴重な仕事をさせていただきました。




by urushisada | 2020-09-10 00:49 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

テールピースに双竜蒔絵・その壱 2020.08.29

テールピースに双竜蒔絵・その壱 2020.08.29_c0213599_16551418.jpg
ヴァイオリニストでNHK交響楽団
第一コンサートマスターの篠崎史紀様からのご依頼で、
ヴァイオリンとチェロのテールピースに
龍の蒔絵を描かせて頂いております。


テールピースに双竜蒔絵・その壱 2020.08.29_c0213599_16554825.jpg
繊細な楽器なので、塗りは下地はせずに黒漆を塗り重ねて仕上げました。

テールピースに双竜蒔絵・その壱 2020.08.29_c0213599_16580411.jpg
龍が持っている宝珠には割貝で夜行貝を貼り
水面や霞には金粉で研ぎ出し蒔絵を施し


テールピースに双竜蒔絵・その壱 2020.08.29_c0213599_16582137.jpg
龍は高蒔絵で仕上げるために銀粉で盛り上げて
その上に漆を塗りこんでから研いで肌を整えておきます。


テールピースに双竜蒔絵・その壱 2020.08.29_c0213599_17094360.jpg
テールピースに双竜蒔絵・その壱 2020.08.29_c0213599_17100352.jpg
テールピースに双竜蒔絵・その壱 2020.08.29_c0213599_17102497.jpg
弁柄漆を塗り金粉を蒔きます(上2枚:チェロ、下:ヴァイオリン)


テールピースに双竜蒔絵・その壱 2020.08.29_c0213599_17104741.jpg
この後、漆を塗り込み金粉を研ぎだします。



篠崎様からは以前にもテールピースを注文頂いております
前回の記事はコチラです



by urushisada | 2020-08-29 17:26 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

茶棚の修繕 2020.08.12

茶棚の修繕のご依頼を受けました。
茶棚の修繕 2020.08.12_c0213599_00411302.jpg
古い家具は表面がしらちゃけてしまい艶がなくなっていました。
無垢の材料なので水をかけて洗うわけにはいかず
まずは、煮沸させた荏油(えのあぶら)と砥の粉まぜたものを使って磨いてみました。
しかし、状態が良くないところがあまり艶が戻らなかったので
荏油を塗っては拭き乾燥させ、その後また油砥の粉で磨きます。
今回の茶棚はこの作業を4回程繰り返して良い艶に戻りました。
金具は全て外し古い風合いを残すために研磨はせず、拭きあげました。
茶棚の修繕 2020.08.12_c0213599_00204756.jpg
右が修繕後です。
艶が上がった事で黒柿の模様がはっきり見えるようになりました
下の2枚の写真は磨く前と後の写真です。

茶棚の修繕 2020.08.12_c0213599_00215969.jpg



茶棚の修繕 2020.08.12_c0213599_00223219.jpg
今回は漆を使う仕事ではありませんでしたがウレタンやニスなどは使わない、昔から使われている天然の荏油だけで磨きあげました。

茶棚の修繕 2020.08.12_c0213599_00231169.jpg



by urushisada | 2020-08-12 01:09 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

新作 漆のアクセサリー 2020.07.17

新作 漆のアクセサリー 2020.07.17_c0213599_20335243.jpg
                漆イヤリング「玉響(たまゆら)」

古着屋さんから我が家のアクセサリーを
取り扱いたいと言うお話をいただき、新作を制作いたしました。

その一つ、漆イヤリング「玉響」は
乾漆で成形した薄い3片のリボン状で
1つは両面加飾がしてあり、他の2つは黒です。
金具に引っ掛けてあるだけなので
洋服や気分によって向きを変えてお楽しみいただけます。

色々なパターンでシリーズ化できそうで
想像が膨らむ品物となりました。
新作 漆のアクセサリー 2020.07.17_c0213599_22593959.jpg
群馬県高崎市の駅前通りにお店を構える「古着屋en」さんにて
この「玉響」を含め数点を取り扱っていただいております。
とても雰囲気のあるお店なので是非お立ち寄り下さいませ。



古着屋enさんの紹介記事です









by urushisada | 2020-07-16 22:26 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

ジェリーボックス「漆と桐の宝箱hanahako」 2020.04.11

ジェリーボックス「漆と桐の宝箱hanahako」 2020.04.11_c0213599_20312485.jpg
我が家の唐草をデザインした作品です

うずらの卵の殻を使った卵殻技法で
細かく砕いた卵殻を一粒ずつ運びました
曲線をなめらかに見えるように気を配っています
ジェリーボックス「漆と桐の宝箱hanahako」 2020.04.11_c0213599_20300574.jpg
ジェリーボックス「漆と桐の宝箱hanahako」 2020.04.11_c0213599_20302537.jpg
ジェリーボックス「漆と桐の宝箱hanahako」 2020.04.11_c0213599_20305869.jpg



ジェリーボックス「漆と桐の宝箱hanahako」 2020.04.11_c0213599_20455166.jpg
小さなジュエリーボックス
「漆と桐の宝箱hanahako」卵殻唐草





ジェリーボックス「漆と桐の宝箱hanahako」 2020.04.11_c0213599_20281491.jpg
ジェリーボックス「漆と桐の宝箱hanahako」 2020.04.11_c0213599_20290165.jpg
ジェリーボックス「漆と桐の宝箱hanahako」 2020.04.11_c0213599_20293045.jpg
ご購入頂いたお客様が
結婚式にて使って下さりとても嬉しかったです

我が家では木地、塗り、蒔絵まで一貫した制作が行える為
オーダーメイドの漆蒔絵箱の制作を展開しています

by urushisada | 2020-04-11 23:15 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

古い和家具のリメイク 2020.03.19

我が家では古い和家具のリメイクもしています
古い蔵のあるおうちには、埃をかぶったお嫁入り道具の
和家具や長持ちが一つ、二つあるようですが
使いにくい、大きすぎる、開けずらいなど問題が多く
もったいないけど使われずにしまわれています
古い和家具のリメイク 2020.03.19_c0213599_23331058.jpg
そんな箪笥と長持ちの修繕とリメイクを紹介します



古い和家具のリメイク 2020.03.19_c0213599_23324163.jpg
まず、箪笥は表面の剥がれているところがあるので、
剥がせるだけはがします
長持ちはベンチにしたいということで
希望のサイズにするためにすべてバラしました

古い和家具のリメイク 2020.03.19_c0213599_23333136.jpg
金具もすべて外して黒漆を塗り火にあぶり、
焼き付けるを3回繰り返しました
こうすることで古い金具も当時のものを
そのまま使用することができ錆防止にもなります
深い色合いでカッコ良い仕上がりです


古い和家具のリメイク 2020.03.19_c0213599_23341210.jpg
箪笥本体は布はりをして補強し、
引き出しは拭き漆で仕上げでました
古い和家具のリメイク 2020.03.19_c0213599_21411974.jpg
古い和家具のリメイク 2020.03.19_c0213599_21413940.jpg


古い和家具のリメイク 2020.03.19_c0213599_23344207.jpg
古い和家具のリメイク 2020.03.19_c0213599_23345917.jpg
長持ちベンチは上部に畳をのせ
手前に引き出す収納式にリメイク、
昔の雰囲気をそのままで
全く新しい家具として生まれ変わりました
実は机が下がってフラットになる仕掛けになっています

使われなくなった道具も手を加えアイディア次第で
素敵な品物になります

古い品物の現代にない用の美にとても惹かれます
知り合いの蔵を見せてもらうと
旦那さんと二人でワクワクしてしまいます
埃まみれで半壊れになっている品物が宝物もように見えます





by urushisada | 2020-03-19 00:20 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

漆の表札「ぶんぷく」 2020,02,15

水引の工房「文福」様より
工房の表札のご依頼があり先日納品してきました。
表札は16センチ×16センチの朱漆の板に
線描きの蒔絵を施しました
漆の表札「ぶんぷく」 2020,02,15_c0213599_01552839.jpg
漆の表札「ぶんぷく」 2020,02,15_c0213599_00585754.jpg
このデザインはデザインのお仕事をされている息子さんによるもので
水引をデザインした5本の線で描き
「ぶんぷく」ぷのまるの部分にも水引の梅結びを描きました
優しくゆるやかな印象のひらがなに
ローマ字をキリッと並べ、お互いを引き立ていて
とてもおしゃれなデザインだと思いました。

漆の表札「ぶんぷく」 2020,02,15_c0213599_01072026.jpg
普通は弁柄漆という赤っぽい漆で描くのですが
今回は朱色のベースに大変細かい筋を描くため、
見やすい白漆で描きました
一番細いところでは1ミリ強の中に5本の線を描きました

漆の表札「ぶんぷく」 2020,02,15_c0213599_00281513.jpg
「外に掛けておくのがもったいなくなちゃった」
と文福さんに喜んでいただきました



漆の表札「ぶんぷく」 2020,02,15_c0213599_00493410.jpg
漆の表札「ぶんぷく」 2020,02,15_c0213599_00482998.jpg
先週に今冬初めて雪らしい雪が降り積もりましたが
今週は反対にとても暖かく
もう冬はこのまま終わってしまいそうな気配です






by urushisada | 2020-02-15 00:23 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

蜻蛉塗り(せいれいぬり) 2020.01.20

今回は漆の変わり塗りの技法の1つである
蜻蛉塗り(せいれいぬり)を紹介します。
蜻蛉塗り(せいれいぬり) 2020.01.20_c0213599_12470849.jpg
蜻蛉(とんぼ)羽根のような模様に見えるため蜻蛉塗りと言います。


蜻蛉塗り(せいれいぬり) 2020.01.20_c0213599_23375593.jpg
漆に溶剤を混ぜたものを一滴、水に落とします。

蜻蛉塗り(せいれいぬり) 2020.01.20_c0213599_23365509.jpg
水面に漆の模様が広がって行きます。


蜻蛉塗り(せいれいぬり) 2020.01.20_c0213599_23393165.jpg
模様をつける面を水面に静かに伏せると
漆の模様が付着します。


蜻蛉塗り(せいれいぬり) 2020.01.20_c0213599_23383470.jpg
軽く押さえて水気を取り金粉を蒔きます。

網目の細かさは漆と溶剤の割合によって違います
また、水槽の大きさ、水に落とす漆の量、そして高さ等
あらゆる加減の具合で変わるので、
まるで実験のように繰り返し、
理想の模様に近づけて行くので時間がかかります。

ふたつとして同じもののない模様
機械では出ない模様の面白さが感じられます。








タグ:
by urushisada | 2020-01-21 12:48 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

指揮者田中祐子さんの指揮棒ケース 完成 2019.03.19

この度、NHK交響楽団第一コンサートマスターの
ヴァイオリニスト篠崎史紀さんから頂いたご縁で
アンサンブル金沢の指揮者である田中祐子さんより
ご依頼を承り制作していました指揮棒ケースが完成いたしました。
指揮者田中祐子さんの指揮棒ケース 完成 2019.03.19_c0213599_23021994.jpg
指揮者田中祐子さんの指揮棒ケース 完成 2019.03.19_c0213599_23030197.jpg
赤、白、黒のコントラストがとても華やかで
また金のネームで全体がキリッとしまって、
品の良い品物が仕上がりました。

最初のご依頼の希望は「朱色のベースに白いユリ」
それを元にこちらで、図案を作成、
その後、お会いし品物を見ながらデザインの打ち合わせをしました。
その際のご本人様のご指摘が的確で
とてもセンスのある方なんだなと思いました。
そしてとても華やかな方なので、
その印象にそった品物の制作を心がけました。

指揮者田中祐子さんの指揮棒ケース 完成 2019.03.19_c0213599_23034846.jpg
そして、思いつきで専用の変形風呂敷を作ってみました。


無事に納品を終え、気に入って頂いた様子にひと安心いたしました。
末長くご愛用頂けたら幸いです。

ご縁に感謝いたします
篠崎さん、田中さん、ありがとうございました。




by urushisada | 2019-03-19 08:41 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

田中祐子さんの指揮棒ケース  上絵 2019.02.18

田中祐子さんの指揮棒ケース  上絵 2019.02.18_c0213599_23010076.jpg


田中祐子さんの指揮棒ケース  上絵 2019.02.18_c0213599_23083657.jpg
葉っぱの一部に金粉を蒔き、乾燥後漆を塗り込み
乾燥後金を研ぎ出します


田中祐子さんの指揮棒ケース  上絵 2019.02.18_c0213599_23095018.jpg

田中祐子さんの指揮棒ケース  上絵 2019.02.18_c0213599_23090821.jpg
花のしべと、名前を上絵しました。
名前を入れるのがご希望で、
花だけの時より英語の名前が入ると全体がキリッとしまりました。
この後、金を磨いてから、漆を摺り重ねて全体を磨き上げます。







by urushisada | 2019-02-17 23:56 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

リンク

カテゴリ

全体
我が家のこと
仏壇・仏具の仕事
厨子の仕事
漆工芸品の仕事
漆の材料・道具
展覧会
異業種交流

タグ

(189)
(162)
(139)
(114)
(103)
(99)
(85)
(78)
(61)
(55)
(53)
(44)
(37)
(34)
(30)
(23)
(23)
(21)
(20)
(9)
(5)
(4)

最新の記事

テールピースに双竜蒔絵 その..
at 2020-09-10 00:49
テールピースに双竜蒔絵・その..
at 2020-08-29 17:26
茶棚の修繕 2020.08.12
at 2020-08-12 01:09
アクセサリー専用のインスタ ..
at 2020-08-02 22:55
新作 漆のアクセサリー 20..
at 2020-07-16 22:26

記事ランキング

以前の記事

2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
more...

最新のコメント

> にゃん子様 そうな..
by urushisada at 00:06
こんばんは。残念ながら、..
by にゃん子 at 19:42
> にゃん子さん 昨年..
by urushisada at 23:26
伝統工芸展、きのう拝見し..
by にゃん子 at 13:46
にゃん子さん コメント..
by urushisada at 00:28

ブログジャンル

クリエイター
北陸

画像一覧