人気ブログランキング |


漆職人 定池家の日常を口ベタな旦那さんにかわり、やんわりと紹介します。 (漆職人夏子)


by 漆職人夏子

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フランスの金箔修復家 2013.07.27

c0213599_23512716.jpg
先日、お知り合いの方からのご縁で
フランスのイル・ド・フランス歴史記念物委員会認証の
金箔修復家のアラン・プティさんが、我が家にお見えになりました

奥様は、日本人で通訳をされています
今回は奥様を通じて色々とお話しをさせて頂きました

職業柄、日本の金箔の貼り方に非常に感心を寄せていました

フランスでは、膠で金箔を貼るのですが
前々から漆に興味があり
今後、漆での金箔貼りの品物を作ってみたいとのことで
大変熱心にお話を聞いて行かれました
c0213599_23504210.jpg

拭き漆の工程などを少し体験していかれたのですが
隅々まできれいに漆を運ぶ手つきは、さすが職人さんでした


2日間の短い時間の中でとても駆け足で要点を伝えましたが
うまく説明できていればいいのですが
是非フランスでも、漆を使ってもらいたいです

将来、金沢に住むのが夢ということで
私たちも、またお会いできる日を楽しみにしております
by urushisada | 2013-07-27 22:49 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

炭砥ぎ  2013・07・16

今、我が家では蒔絵パネルのお仕事をしています

はがき大サイズと色紙大サイズ、合計135枚
塗から蒔絵までのご依頼です

c0213599_0304774.jpg
中塗り2回目です
135枚、1枚1枚もちろん天然漆の手塗りです

c0213599_0315268.jpg
そして、塗ったということは当然「炭砥ぎ」の作業が待っています
これが肝心要
c0213599_0313073.jpg
炭を使って次から次へとどんどん砥いでいきますが
中塗りは1日で終わりますが、炭砥ぎは今日で3日目大変です

c0213599_032846.jpg
中塗り2回、炭砥ぎと、ほぼお父さんが1人でこなしました
ご苦労様でした

この後、上塗りで塗り工程終了
by urushisada | 2013-07-16 23:29 | 我が家のこと | Comments(0)

「金澤たしなみ塾」 その1 2013.07.11

今日は、大人の社交講座「金澤たしなみ塾」に参加してきました

「金澤たしなみ塾」とは、加賀百万石の城下町、金沢に暮らす女性が
金沢人としてのたしなみの基礎を“料亭”で学び、
更に金沢の文 化の奥深さを愉しむ
“真の金沢人”を目指すための講座です
c0213599_24545.jpg

この講座は、金沢市の町家建築の料亭「金澤町家料亭 壽屋」さんで行われました
初回の今日は、「料亭をたしなむ」で壽屋亭主がお話をしてくれました
c0213599_2135532.jpg

私は料亭は初めてで、生けてあるお花や掛け軸は、
季節を大切にし、訪れるお客様を想い細部まで気を配り
しつらえてあるとても、素敵な空間となっていました


金沢は他の町と比べると伝統文化が身近にある町ですが
もっと身近に料亭を感じてもらい
さまざまなシーンで活用して欲しいとおっしゃっていました

これは漆にも言えることで
工芸の町金沢は、漆器製品を目にする機会多くあり
それだけで少し知っている気になっていますが
実際に使った経験は意外と少なく
高い、傷つきやすく扱いにくいと言う、イメージが頭にあり
気軽に使ってもらえないということです

最低限のマナーはありますが
それをきちんと守れば心豊かな生活のひとつとなると言う所は
料亭、漆とも同じ伝統文化としての共通点ではないかと思いました


次回は「香道をたしなむ」です
香道の道具を手がけたことはありますが
(「香道の塗り直し」の記事はこちら
「香道」はよく知らないのでとても楽しみです037.gif
by urushisada | 2013-07-11 23:51 | 我が家のこと | Comments(0)

篠崎史紀さんの指揮棒 2013.07.07

今回は初めて手がけさせていただいた品物のご紹介です
c0213599_051922.jpg
なんと指揮棒です005.gif
初めて漆を塗りました(触るのも初めての旦那さん037.gif
c0213599_0591536.jpg
細い棒状の本体部分は白漆で持ち手の部分は拭き漆で仕上げました
(素材は本体:メープル、持ち手:マホガニー)

この指揮棒は「マロさん」の愛称で親しまれている
ヴァイオリニストでNHK交響楽団第一コンサートマスターの
篠崎史紀さんからのご依頼です012.gif
(篠崎史紀さんのofficial website)

c0213599_1361268.jpg
白漆は透き漆にチタニウム粉を練り合わせて作ります

c0213599_136318.jpg
塗、乾燥、砥ぎを繰り返し白漆を3回塗り重ねました
白漆といっても漆は茶色いのでどうしても仕上がり当初はベージュ色になりますが
漆は月日が経つと少しずつ透けてきます
真っ白にはなりませんが、落ち着いた薄いきれいなベージュ色に変化します034.gif

指揮棒と一緒に指揮棒ケースもご依頼頂きました
c0213599_144049.jpg
黒漆を塗り炭で砥ぎつけた状態です

c0213599_1442144.jpg
この後、鳳凰の蒔絵を施します
蒔絵はまた途中経過をご報告いたします

今回、指揮棒を先に収めさせていただきましたが
世界的にご活躍の篠崎史紀さんに我が家が手掛けたものを
ご使用いただけることはとてもうれしいことです
篠崎さん、そして我が家をご紹介頂きました方々に感謝いたします040.gif
(篠崎史紀さんのofficial website)

さて、我が家の品物で音楽関係の品物と言えば
c0213599_233488.jpg
漆ペンダント「かなでる」
螺鈿でピアノの鍵盤を表現しました
金粉の音符付きです060.gif
by urushisada | 2013-07-07 00:51 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

「跋扈睦會」様の木札 2013.07.02

先日納めさせていただいた「木札」をご紹介します

木札とはお祭りの時に首から下げる札のことで
喧嘩札と呼ぶところもあるみたいです

以前にも木札を制作させて頂いたお客様からのご依頼で
今回は所属の神輿会「跋扈睦會」の皆様でのご注文でした
(以前の木札は→ 「木札に蒔絵 2011.08.12」をご覧ください)

木地は黒檀で制作し、朱塗りで仕上げ蒔絵を施しました
c0213599_2285768.jpg
表は皆さん統一のデザインで卵殻と螺鈿の丸に金字
c0213599_21385979.jpg
裏は皆さんそれぞれ、こだわりのデザインを指定されました
送って頂いたデザイン画を見ていると
一人一人とてもよく考えられいて、こだわりがうかがえました
c0213599_22194982.jpg
丸玉も付きます

皆さんの思い描いた木札に仕上がるように
デザイン画とにらめっこしながらの制作は
難しくもあり楽しくもあるお仕事でした


「跋扈睦會」の皆様、ありがとうございました
by urushisada | 2013-07-02 20:46 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

リンク

カテゴリ

全体
我が家のこと
仏壇・仏具の仕事
厨子の仕事
漆工芸品の仕事
漆の材料・道具
展覧会
異業種交流

タグ

(186)
(153)
(134)
(107)
(101)
(98)
(79)
(78)
(58)
(53)
(49)
(43)
(34)
(33)
(23)
(23)
(21)
(20)
(19)
(9)
(5)
(4)

最新の記事

我が家の漆畑 2019.06..
at 2019-06-10 00:51
金沢の桜 2019.04.11
at 2019-04-11 22:15
春ららら市 2019.04.08
at 2019-04-07 23:42
指揮者田中祐子さんの指揮棒ケ..
at 2019-03-19 08:41
木工小屋の一日 2018.0..
at 2019-03-04 00:05

記事ランキング

以前の記事

2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...

最新のコメント

にゃん子さん コメント..
by urushisada at 00:28
先日、伝統工芸展を見に行..
by にゃん子 at 15:01
貴重な筆、入手できて良か..
by 蒔絵師masa at 16:30
胡さん こんにちは ..
by urushisada at 22:03
メールを教えていただけま..
by 胡 at 14:10

ブログジャンル

クリエイター
北陸

画像一覧