人気ブログランキング | 話題のタグを見る


漆職人 定池家の日常を口ベタな旦那さんにかわり、やんわりと紹介します。 (漆職人夏子)


by 漆職人夏子

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

「KANAZAWA SDGs フェスタ」にて金継ぎ受付 2021.10.12

皆さん、ご無沙汰しております。
投稿がなかなかできず、3カ月も経ってしまいました105.png
これからは、定期的に投稿しますのでよろしくお願いします。

さて、先日「KANAZAWA SDGs フェスタ」にて、
金継ぎの受付を行いました。

「KANAZAWA SDGs フェスタ」にて金継ぎ受付 2021.10.12_c0213599_09473575.jpg

SDGsがテーマのイベントということで、
ものを簡単に捨てることなく一工夫してこれからも
お使いいただけるように金継ぎをおすすめしました。
捨てることのできない大切なものをそれぞれお持ちいただきました。
たくさんの方にご依頼をいただきとても嬉しく思います。

これから作業に入りますが、皆様からお預かりした大切なものを
末長く使っていただけるように丁寧に直していきます。

そして、今回は娘が受付係デビューしました106.png
1人でのイベント参加は初めてでしたがたくさんの方と関わり、
お話しできて楽しかったみたいです。
「KANAZAWA SDGs フェスタ」にて金継ぎ受付 2021.10.12_c0213599_09472140.jpg

# by urushisada | 2021-10-12 10:05 | 展覧会 | Comments(0)

金継ぎ 2021.07.13

金継ぎ 2021.07.13_c0213599_22425847.jpg
我が家では金継ぎのお仕事を行っております。

金継ぎとは割れや欠け、ヒビなどの陶磁器の破損部分を
漆によって接着し、金などを使って装飾して仕上げる修復の技法です。

金継ぎ 2021.07.13_c0213599_22433727.jpg
金継ぎの難しいのは,陶磁器の素材の違いや破損個所の状態が
どれ一つと同じものが無いところで、
どの程度どのように修復するかを見極めるのがポイントになります。



金継ぎ 2021.07.13_c0213599_22435270.jpg
漆に小麦粉を入れた麦漆を使って接着します。


金継ぎ 2021.07.13_c0213599_23363001.jpg
下地して隙間をしっかり埋めます。


金継ぎ 2021.07.13_c0213599_22440993.jpg
下塗りをして肌を整えます。



金継ぎ 2021.07.13_c0213599_23403702.jpg
金粉を蒔く地塗りの作業です。(※)



金継ぎ 2021.07.13_c0213599_23410174.jpg
金粉を蒔きます。


金継ぎ 2021.07.13_c0213599_23461404.jpg
金紛を漆で固めてから金を磨き光らせます。


金継ぎ 2021.07.13_c0213599_23283282.jpg
最近、簡単な金継ぎ教室では接着剤や樹脂などを使って
数日で修復するものや金継ぎキットで
ご自分で行う方が大変増えてきています。
小さい破損であれば出来ないことも無いと思いますが
接着や形成を綺麗に仕上げるのはとても難しいと思います。
そこで、本漆を使って接着や形成を我が家で行い、
装飾の部分を本漆や本金を使って体験して頂く
全3回のワークショップを行うことになりました。
(※)の写真部分から体験して頂きます。)

「お寺でする金継ぎ体験」
1回目7月18日(日) 
 お預かり(金継ぎのご相談と説明、見積) 
 約1か月半後
2回目9月5日(日)
 本漆で塗って金を蒔く(蒔絵工程の体験)
 1週間後
3回目9月12日(日) 
 金をみがく(蒔絵工程の体験)

※金継ぎ代は破損部分の状態によるので
 当日の見積もりを聞いてから決め頂いてもOK
※体験なしの金継ぎ依頼だけでもOK

場所 善行寺 様
   〒920-0925 石川県金沢市天神町1丁目3-5

 
詳しくは下記のチラシをご覧くださいませ
ぜひ、ご参加くださいませ。

金継ぎ 2021.07.13_c0213599_23361986.png


金継ぎ 2021.07.13_c0213599_23434151.png

# by urushisada | 2021-07-12 23:51 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

指揮棒ケースのお仕事 2021.05.18

恩師への贈り物にとのご依頼で、重ね竜胆文様の蒔絵を施した指揮棒ケースを制作させて頂きました。

まずお送りいただいた指揮棒ケースに漆を塗り重ねていきます。
その工程の間に蒔絵の打ち合わせをしました。

ご希望は[文様で、モダンな雰囲気]でした。
最初に仕上がりの雰囲気やイメージを我が家の品物から選んでもらい
(我が家のインスタグラムはコチラ
(我が家のアクセサリー中心のインスタグラムはコチラ)
選んだ品物を基に、文様とベースを何パターンか提案させて頂き何度か打ち合わせをして図案を決めました。
指揮棒ケースのお仕事 2021.05.18_c0213599_22265753.jpg
白檀塗りに仕上げた上に、白漆を使い線描きで文様を描いていきます。


指揮棒ケースのお仕事 2021.05.18_c0213599_22270873.jpg
金粉を蒔きます。

指揮棒ケースのお仕事 2021.05.18_c0213599_22272362.jpg
乾燥後、漆で金粉を固めます。

指揮棒ケースのお仕事 2021.05.18_c0213599_22282650.jpg
磨き上げて完成です。
指揮棒ケースのお仕事 2021.05.18_c0213599_22154797.jpg

指揮棒ケースのお仕事 2021.05.18_c0213599_23043635.jpg

指揮棒ケースのお仕事 2021.05.18_c0213599_22163084.jpg
今回の打ち合わせではモダンな雰囲気にしたいとのことでしたので、”大人の男性の品の良い所持品”を意識して制作いたしました。



指揮棒ケースのお仕事 2021.05.18_c0213599_22284826.jpg
ケースに合わせた袋も制作いたしました。



今回は恩師へ絶対に素敵なものを送りたいという思いであろうということと、多数の贈答者様に納得して頂けるかと言う点でプレッシャーがありましたが、打ち合わせを重ねより良い品物を制作することが出来ました。
また、皆さまに喜んでもらえたお知らせに嬉しく、ほっといたしました。

このご縁に感謝いたします。

# by urushisada | 2021-05-18 21:09 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

リンク

カテゴリ

全体
金継ぎ
漆アクセサリー
木工のお仕事
我が家のこと
仏壇・仏具の仕事
厨子の仕事
漆工芸品の仕事
漆の材料・道具
展覧会
異業種交流

タグ

(191)
(176)
(148)
(124)
(109)
(103)
(89)
(81)
(61)
(55)
(55)
(44)
(38)
(36)
(35)
(23)
(23)
(22)
(21)
(10)
(5)
(4)

最新の記事

「恋する工芸展」 2021...
at 2021-11-10 10:14
日本伝統工芸展 「一位造拭漆..
at 2021-10-27 07:47
「秋澄む漆展」無事終了いたし..
at 2021-10-25 23:33
新作アクセサリーの写真撮影 ..
at 2021-10-21 23:10
「秋澄む漆展」開催中 202..
at 2021-10-16 10:14

記事ランキング

以前の記事

2021年 11月
2021年 10月
2021年 07月
2021年 05月
2021年 03月
more...

最新のコメント

> にゃん子様 そうな..
by urushisada at 00:06
こんばんは。残念ながら、..
by にゃん子 at 19:42
> にゃん子さん 昨年..
by urushisada at 23:26
伝統工芸展、きのう拝見し..
by にゃん子 at 13:46
にゃん子さん コメント..
by urushisada at 00:28

ブログジャンル

クリエイター
北陸

画像一覧