人気ブログランキング |


漆職人 定池家の日常を口ベタな旦那さんにかわり、やんわりと紹介します。 (漆職人夏子)


by 漆職人夏子

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:乾漆 ( 78 ) タグの人気記事

NHK「シブ5時」に出演 2018.06.30

6月29日のNHKの番組「シブ5時」に旦那さんが出演しました
乾漆のぐい呑みの布着せ作業をしながら漆の話をしているところが映りました

旦那さんは、もともと声がこもる方なのですが
取材中はさらに、もごもごしゃべっていて 
聞いていた私は、はらはらしましたが
映像では思ったより大丈夫でほっとしました

本当は放送前に、出演することをブログで告知したらよかったのですが
旦那さんは「んなもん、せんでいぃ。はずかしや。」
と、かたくなに拒否
放送が終わるまでそわそわ落ち着かず緊張していました104.png
c0213599_00453192.jpg
放送時に作業していた乾漆のぐい呑


c0213599_00461056.jpg
乾漆のぐい呑の完成品です
乾漆技法とは、木地を使用せず麻布を漆で貼り重ね素地とする技法で
薄くても丈夫な素地ができます





by urushisada | 2018-06-30 01:01 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

乾漆のぐい呑 2018.01.19

c0213599_21520415.jpg
乾漆の仕上げ貼りをしています
旦那さんは漆にかぶれないので素手で作業をします
刷毛付けの後、更に右手も使って
布の合わせ目が目立たないように貼り合わせます
素手の方が手袋でする作業より
はるかに精密な仕事が出来るのは分かっていますが
私は、さすがにここまで出来ません105.png
c0213599_21532334.jpg
手前は仕上げ貼りの前
奥は仕上げ貼りをした物です



by urushisada | 2018-01-19 21:59 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

今日のお仕事 2018.01.11

我が家は一応金沢市なのですが
市街地からは少し離れていて山間部に位置しているため
街よりかなり雪が多めです

c0213599_22134349.jpg
旦那さん、本日3度目の雪すかし(雪かき)


そして、今日のお仕事
c0213599_22084306.jpg
旦那さんは、乾漆のぐい呑

c0213599_23271952.jpg
お父さんは、仏壇蒔絵

c0213599_22092436.jpg
私は、アクセサリー
三者三様、今年も始まりました



by urushisada | 2018-01-11 22:27 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

「国際漆展・石川2017」 2017.10.13

本日、金沢しいのき迎賓館で「国際漆展・石川2017」が開催されました
c0213599_19440797.jpg
我が家で制作いたしました「阿吽」が展示されています

c0213599_20055471.jpg
c0213599_20053901.jpg
c0213599_20060818.jpg
本物のかぶとむしを、ちゃぽんと漆につけたと間違えらてしまいますが
全てきちんと乾漆技法にて制作しています
c0213599_20141791.jpg
ほとんどの時間は足作り、漆を付けては削るを何度も繰り返して成形
毎日毎日少しずつ漆を削ってはつけの繰り返しです
c0213599_20213178.jpg
ぜひご覧くださいませ
会期:金沢しいの木迎賓館 10月25日まで




c0213599_20282031.jpg
迎賓館までの道のり、兼六園の松のすきまから
青と白のコントラストがとても綺麗でした

by urushisada | 2017-10-13 21:09 | 展覧会 | Comments(0)

乾漆ぐい呑 2017.07.22

c0213599_22190489.jpg
乾漆のぐい呑の内側に箔を置いています


c0213599_22194841.jpg
乾燥後内側の上塗りです

湿度が70パーセントを軽く超える梅雨のこの時期
上塗りは大変気を使います
漆は湿度が高いと乾燥が早すぎてちぢんでしまうので
冷房や除湿をかけて湿度を下げたり
乾燥の遅い漆を混ぜて乾きを調整し工夫をして
必ず「つけ」という試し塗りをして乾燥具合を確認しますが
次の日の乾き具合を見るまで心配です


c0213599_22201809.jpg
きれいに仕上がり、納品まで更に乾燥させます




c0213599_22204396.jpg
今日は久しぶりに木工小屋に行き草むしりをしてきました
大家さんからたくさんのお野菜を頂きました
ありがとうございます110.png


by urushisada | 2017-07-22 22:54 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

乾漆カブトムシ 2017.06.15

我が家では6年程前から乾漆でカブトムシの作品を共同制作しています
c0213599_22532053.jpg
一作目の三体は「阿修羅」



c0213599_23141807.jpg
二作目は「阿吽」
c0213599_23154478.jpg
c0213599_23155937.jpg
黒い方は起き上がりこぶしになっており羽根を閉じたカブトムシ
赤い方は飛び立つ瞬間のカブトムシで
2体で静と動を表しています

c0213599_23362886.jpg
c0213599_23365016.jpg
足から一本一本制作しており
けっして本物のカブトムシに漆を塗っているわけではありません

そして現在三作目の制作に取り掛かっています
毎回突拍子もない案を提示されるのですが
今回も難易度がさらに上がっていて
旦那さんの頭を悩ませています


完成が楽しみです




以前ご紹介したブログはこちら

by urushisada | 2017-06-15 23:21 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

乾漆ぐい呑 2017.04.06

c0213599_00490165.jpg
我が家の乾漆ぐい呑は
制作をし始めて約8年ほど経ちました
ブログのトップ写真が初期のころのぐい呑で
そこから色・形・大きさ・使い勝手を考慮し今の形になりました
今では我が家の一番の定番商品です


c0213599_22372415.jpg

型は内側の形のため、麻布を貼り重ねた後
外形(底)をコクソ漆で形成します
そしてまた麻布を貼り重ねます


c0213599_22381017.jpg



c0213599_22383475.jpg


c0213599_22392420.jpg
上塗り

現在は内側に金箔を貼り
お酒を入れるとゆらゆらと見える仕上げになっています

この乾漆ぐい呑みを
明後日(8日、9日)に行われる
「乙女の金沢 春ららら市2017」に出品します
「春ららら」は毎回たくさんのお客様が来場し
みなさん興味深くお話を聞いて頂けるので
漆を知ってもらえる良い機会と思っています

ご来場の際はぜひお立ち寄りくださいませ

「乙女の金沢 春ららら市2017」のホームページはこちら









by urushisada | 2017-04-06 23:23 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

今日のお仕事 2017.03.09

今日のお仕事は

c0213599_23130980.jpg
仏壇の柱に麟鳳亀龍(りんぽうきりゅう)の龍を
錆上げしています(錆上げの以前のブログはコチラ


c0213599_21324951.jpg
c0213599_21331095.jpg
乾漆のぐい呑みの布はり
なるべく麻布の合わせ目が分からないように張り合わせます
c0213599_23511866.jpg
小鼓の表
縫い目の穴を埋めたあと漆描いていきます
(小鼓の以前のブログはコチラ

この他にも旦那さん、お父さん、私の3人それぞれが
色々な品物を手掛けているので
また今日のお仕事として少しずつご紹介していこうと思います







c0213599_22151315.jpg
昨日の金沢です
朝起きると真冬のような景色になっていました005.gif




by urushisada | 2017-03-09 22:02 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

乾漆のコーヒードリッパー 2017.02.27

c0213599_01211642.jpg
木工小屋での楽しみの一つはコーヒーを飲むことです
木工小屋で使うコーヒードリッパーを探しましたが
なかなか思うようなものがなく
あれやこれと悩んでいましたが
ある日旦那さんが「乾漆で作りゃぁ~いいやんけ!」と
乾漆の存在を思い出しました

「乾漆は自由な形が形成でき軽くて丈夫なんですよ」と言う
セールスポイントを今まで幾度どなく言ってきたのに
なぜ今まで気が付かなかったんだ!と不思議です
c0213599_00521844.jpg
c0213599_01030354.jpg
簡単な三角すいを乾漆で作るのはあまり難しくなく
今回は型としてクリヤケースを使いました
今から完成が楽しみです016.gif






by urushisada | 2017-02-27 01:06 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

乾漆カブトムシ「阿吽」 2017.01.22

c0213599_03245226.jpg
昨日から金沢21世紀美術館で開催されている
第三回金沢・世界工芸トリエンナーレに
金沢大学教授の大友さんと共同制作した
乾漆カブトムシ「阿吽」を出展しております

c0213599_03335994.jpg
この作品は大友さんデザインのもと、旦那さんが制作しました
大友さんはとにかくリアルな物を追求され
制作過程で幾度も試作、打ち合わせをして完成させたものです
c0213599_03361106.jpg

静を表す立法体から、まさに飛翔せんとするカブトムシを
朱漆を用いて表現した「阿」



c0213599_03343466.jpg
動を表す球体に静かにカブトムシが止まっている姿を
漆黒に表現した「吽」
(球体は起き上がりこぼしになっています)

静と動の繰り返し「輪廻」を表した作品です

あまりにリアルなカブトムシのため
本物のカブトムシに漆を塗ったものと勘違いされますが
乾漆技法で、カブトムシの標本を横に置き
細部まで細かく制作しています
細部はコクソ漆などで造形してあります
足は金胎で突起まで再現してありますが、とても大変で
足一本の素地を金胎で作るのにかなりの時間がかかっています

ぜひ細部までじっくり見て頂けるとうれしいです


大友さんとは6年前に偶然お会いし、乾漆に興味を持たれ
突然「カブトムシが作れないか」と言い出し
最初は変わった方だなあと思いました

旦那さんが足が問題だと、カブトムシの足を一本試しに作ったところ
リアルな足を作ることが出来
大友さんは自らカブトムシを採取し標本にしてきて
大友さんと旦那さんのカブトムシ共同制作がスタートしました

試作のカブトムシを数体作り、今回の「阿吽」の制作が始まりました
とにかく大友さんの頭の中は妄想でいっぱいのようで
カブトムシを「二本足で立たせられないか」と言われたときは
とても無理だと思いましたが、二人思いで完成させることが出来ました
大友さんの構想は毎回魅惑的でとっても楽しみです

大友さんは毎回仕事以外でもいろいろなお話をしてくれて
とても楽しいし勉強になります

今後も旦那さんは頭を悩ましながら
大友さんの妄想を具体化していきます



by urushisada | 2017-01-22 03:53 | 展覧会 | Comments(0)

リンク

カテゴリ

全体
我が家のこと
仏壇・仏具の仕事
厨子の仕事
漆工芸品の仕事
漆の材料・道具
展覧会
異業種交流

タグ

(186)
(154)
(134)
(107)
(101)
(98)
(80)
(78)
(58)
(54)
(49)
(43)
(34)
(33)
(23)
(23)
(21)
(20)
(19)
(9)
(5)
(4)

最新の記事

我が家の漆畑 2019.1..
at 2019-10-02 22:52
第66回 日本伝統工芸展 入..
at 2019-09-27 19:42
我が家の漆畑 2019.06..
at 2019-06-10 00:51
金沢の桜 2019.04.11
at 2019-04-11 22:15
春ららら市 2019.04.08
at 2019-04-07 23:42

記事ランキング

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
more...

最新のコメント

> にゃん子様 そうな..
by urushisada at 00:06
こんばんは。残念ながら、..
by にゃん子 at 19:42
> にゃん子さん 昨年..
by urushisada at 23:26
伝統工芸展、きのう拝見し..
by にゃん子 at 13:46
にゃん子さん コメント..
by urushisada at 00:28

ブログジャンル

クリエイター
北陸

画像一覧