人気ブログランキング |


漆職人 定池家の日常を口ベタな旦那さんにかわり、やんわりと紹介します。 (漆職人夏子)


by 漆職人夏子

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグ:小鼓 ( 5 ) タグの人気記事

小鼓 裏のお仕事 2011.02.28

前回小鼓の表の紹介をしましたが
今日は裏の紹介をします
c0213599_2211438.jpg

左;仕上がった物
右;革のままの状態

我が家には写真の右側の状態でやってきます
裏の漆を塗ってある部分を腰敷(こしき)と言います

縫い合わせの、革が盛り上がっていますが
この縫い目がわからなくなるようになるまで下地を付けます
が、下地は出来るだけ薄く!034.gif

鼓を打つため、下地がヒビ割れしないように強固に
でも、小鼓は長く革を使うため、
漆を「はがして」何度も作り直しができるような加工にしなければならないく
丈夫すぎてはがれないのは駄目!034.gif

革が収縮してしまうので
漆が乾く大事な要素 「シメをかける」(湿度を加える事)が出来ない034.gif

などなど、この他にも色々難しい注意事項があり
毎回、頭を悩ませています042.gif
by urushisada | 2011-02-28 23:07 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

小鼓 表のお仕事 2011.02.24

今日は、小鼓の仕事をしました
c0213599_0582850.jpg

左;表、仕上がった物    
右;表、まだ仕事をしていない皮のみの状態
 
小鼓は馬の皮で出来ています034.gif
   
鉄の輪に竹の皮を巻き馬の皮を張り 
裏で縫い合わせてあり漆で下地をして固めてあります

写真の一番外側の細かい縫い目を千綴(せんとじ)と言います   
その内側に六個の穴、調孔(しらべあな) 
 
調孔の周りの花のような形に細工してあるので花形(はながた)と言います

真ん中の黒い輪は十六(じゅうろく)と言い
十六ヶ所糸で綴じてあり、その上を漆で固めてあります。



調孔(しらべあな)の周り縫い目、十六(じゅうろく)の縫い目を
固めて、かくすために漆が使われています034.gif

縫い目の高さまで、縫い目が目立たなくなるように漆で盛り上げ、仕上げます
縫い目は、凸凹が激しかったり、 
規定の位置ぎりぎりに縫ってあるものだったり
鼓1つ1つに個性があり毎回、思考錯誤して仕事をしています042.gif

鼓の漆の職人さんが少ないらしいので
もっと勉強して、より良い鼓を作っていきたいと思います040.gif

今日は我が家での工程の最後、「花形」の上塗りをしました
約2ヶ月間の仕事を終え、ほっとひと段落です


裏の説明はコチラ↓040.gif


by urushisada | 2011-02-24 23:22 | 漆工芸品の仕事

狂言と能の初観賞

我が家は、小鼓の打つ皮の表と裏の、漆加工の仕事をしています
c0213599_0223114.jpg
(左:小鼓の表 右:小鼓の裏) (上:加工前 下:加工後)

こんなお仕事を、しているにもかかわらず
小鼓の本域の音色を聞いたことがなかったので
お能を、見に行ってきました

さすが、文芸、工芸の町金沢
お能がお手ごろな値段で観賞できる機会が年に数回あります

c0213599_0394762.jpg
石川県立能楽堂(左:能舞台  右:私が観賞した角度)


観客が数名で、めだってしまったらどうしようと思っていたら
客席は9割ほどうまる満席で、びっくりし

金沢市民の文化に対する関心の深さに感銘しました045.gif


狂言もお能も初めて見て
こんな感じだろうなぁ、と言う予想はまったくあてはまらず
どれもこれも、驚きでした

いや~、伝統文化は奥が深い026.gif

うまく説明できないので、是非一度ご観賞下さい006.gif
8月28日までの毎週土曜日開催してます


ところで小鼓の音色は、皮だけで打つ我が家の小鼓達とは
まったく違い、とてもまろやかな、ポン と言う音が
とても素敵でした (あたりまえか037.gif

カーン という、大鼓音色もよかったなぁ~012.gif
by urushisada | 2010-07-17 23:55 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

小鼓 完成編

前に紹介した(1月18日)鼓が仕上がりました

新しい鼓は、写真上の状態(革)でうちに来ます
c0213599_2212452.jpg
c0213599_22185938.jpg

表は、革を縫ってある糸が見えないように  
裏は、革を縫い合わせた時にできるしわの凹凸が目だたないように
    下地、塗りをします

この後、裏に金箔がはられてお店に納品されます

鼓の仕事をしてから大分たちますが
実際に組んである鼓を手にする機会はほとんどなく
もっと使い勝手や音色など
色々勉強しなければいけないなと思っています013.gif




-本日のうるしっこ-c0213599_2325357.jpg

鼓をデザインしたペンダントです

大分前に作って久しぶりに
見ました
けっこうかわいらしいので
また今度作ってみようかなぁ037.gif
by urushisada | 2010-02-01 22:27 | 漆工芸品の仕事 | Comments(2)

小鼓

今日は、小鼓の仕事をしました

小鼓は手で打つ丸い革の部分と胴体の部分があります
胴体の黒い色が漆だとは、よく知られていますが
革の裏にも漆が使われています

私は革の表に円や花形の蒔絵をして
裏に下地、塗りをしています
c0213599_23543591.jpg


初めの頃は湿度によって革が収縮するため下地にヒビが入ったり
きれいに下地しても革の凹凸がだんだん表れてきてしまったりと
革も漆も、生き物なだけに苦心しました002.gif

今でも、毎回やるたびに考え悩みますが021.gif
何とかきれいに、丈夫に仕上がるようになってきました
今度仕上がった時、写真のせます
また見てください
by urushisada | 2010-01-18 23:34 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

リンク

カテゴリ

全体
我が家のこと
仏壇・仏具の仕事
厨子の仕事
漆工芸品の仕事
漆の材料・道具
展覧会
異業種交流

タグ

(186)
(153)
(134)
(107)
(101)
(98)
(79)
(78)
(58)
(53)
(49)
(43)
(34)
(33)
(23)
(23)
(21)
(20)
(19)
(9)
(5)
(4)

最新の記事

我が家の漆畑 2019.06..
at 2019-06-10 00:51
金沢の桜 2019.04.11
at 2019-04-11 22:15
春ららら市 2019.04.08
at 2019-04-07 23:42
指揮者田中祐子さんの指揮棒ケ..
at 2019-03-19 08:41
木工小屋の一日 2018.0..
at 2019-03-04 00:05

記事ランキング

以前の記事

2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...

最新のコメント

にゃん子さん コメント..
by urushisada at 00:28
先日、伝統工芸展を見に行..
by にゃん子 at 15:01
貴重な筆、入手できて良か..
by 蒔絵師masa at 16:30
胡さん こんにちは ..
by urushisada at 22:03
メールを教えていただけま..
by 胡 at 14:10

ブログジャンル

クリエイター
北陸

画像一覧