人気ブログランキング |


漆職人 定池家の日常を口ベタな旦那さんにかわり、やんわりと紹介します。 (漆職人夏子)


by 漆職人夏子

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグ:木地・木工 ( 79 ) タグの人気記事

仕事納め 2018.12.29

10月から取り掛かっていた仏壇蒔絵の仕事が仕上がりました。
c0213599_23145119.jpg
c0213599_23153016.jpg
c0213599_23150932.jpg
仕上がった蒔絵をきれいに拭き上げ、仏壇店に納品し
今年の仕事納めとなりました。


今年一年ありがとうございました。
ご縁あったすべての皆さまに感謝申し上げます。

今年は、木工小屋を増築して木工の環境を整え
旦那さんが日本伝統工芸展で初入選したり
木工の活動も多い年でした。
来年も木地から塗り蒔絵まで
一貫した制作活動をさらに広げたいと思います。

来年もよろしくお願いいたします。




by urushisada | 2018-12-29 00:08 | 仏壇・仏具の仕事 | Comments(0)

炉縁の制作 2018.11.29

炉縁の制作の依頼があり
木地(桧材)から塗り、蒔絵までの一貫制作を承りました。

蒔絵のデザインは「松」で
よく見ないとわからない位がよいとのことでした。
c0213599_23041199.jpg

c0213599_23044982.jpg
黒い漆の上に黒漆で松を描くとき
漆に光が反射してとても見にくく苦労しました。


c0213599_23052141.jpg
渋くいい雰囲気に仕上がり
お客様にも大変喜んで頂きました。

c0213599_23054448.jpg
c0213599_23061006.jpg
早速、お茶会を開いてお披露目していただき
私も一服頂いてきました。
制作中は、松の図柄が目立たなすぎるのではないかと心配でしたが
実際に炉に据えると控えめながら存在感があり、品もあってとても良かったです。






by urushisada | 2018-11-29 00:19 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

木工小屋の整備 2018.11.16

木工小屋の整備もだいぶん進み、先週末には土壁を施しました
今回の土壁の下地には木小舞を組みましたが
家灯りの漏れ具合などとても雰囲気が良く
土壁をするのがもったいなく感じました
c0213599_12572418.jpg
c0213599_12581931.jpg
土壁の材料は、元の小屋の一部を壊した時の物を
水に浸し、練り直して使用しました。

c0213599_12575548.jpg
c0213599_12574230.jpg

c0213599_00000766.jpg
この日のお昼は、里芋と椎茸の炊き込みご飯、なめこ汁、焼き椎茸、焼き鳥
採れたて旬のものを堪能しました。










by urushisada | 2018-11-16 22:28 | 我が家のこと | Comments(0)

木工小屋の整備 2018.11.01

先月に無事に建前を終了
大家さんが「いくら小さくても縁起もんやから」と赤飯を炊いてくれました

c0213599_23100189.jpg
伝統の通し貫工法に挑戦して組み上げました
c0213599_23061457.jpg
c0213599_23063892.jpg
c0213599_23065421.jpg
c0213599_23072780.jpg
「大工さん、何人きてるの」とよく聞かれますが
我が家の人員のみの手作業です
ゆっくりですが旦那さんのお城づくりは進んでいます

by urushisada | 2018-11-01 08:53 | 我が家のこと | Comments(0)

日本伝統工芸展 金沢展 2018.10.28

26日より日本伝統工芸展の巡回展が金沢で開催され
旦那さんの初入選した「一位造拭漆十八稜箱」が展示されています


日本伝統工芸展金沢展
10月26日(土)~11月4日(日)まで
石川県立美術館

ぜひご覧くださいませ





c0213599_09485984.jpg
増築中の木工小屋では一昨年から椎茸の原木を置いていました
ふと見た時に巨大な椎茸が育っていてびっくりしました
c0213599_09491641.jpg

by urushisada | 2018-10-28 09:57 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

木工小屋の整備 2018.09.29

c0213599_23145981.jpg
c0213599_23151759.jpg
先日から木工小屋をほんの少しだけ増築することになり作業をしています
まずは、ツルハシとスコッパの人力だけで竹や木の根切り
斜面を掘り下げないといけないのと、竹の根だらけで人力を選んだことに後悔

c0213599_23154304.jpg
c0213599_23161009.jpg
基礎もコンクリートを手練りで作り、桧材を加工し土台を蟻継ぎで伏せました

ひいひい爺ちゃんが宮大工の棟梁だった旦那さんは
その血が強く残っているのか、もし現在の漆職人でなければ
大工さんになりたかったそうです
増築中の今は、素人の日曜大工の範囲をはるかに超え、大工さんの様です
しかし、やはり素人なので専用の機械はなくほぼ人力166.png
普段座り仕事の為、長時間の野外と力仕事に疲労困憊です
夜中に急に「イテ、イテテテテテ141.png」と、うめき出す旦那さん!
c0213599_23170642.jpg
c0213599_23162585.jpg





by urushisada | 2018-09-29 22:21 | Comments(0)

日本伝統工芸展初入選 2019.09.18

c0213599_23161371.jpg
c0213599_23164463.jpg
旦那さんが制作しました「一位造拭漆十八稜箱」が
第65回日本伝統工芸展に初入選いたしました
木工を本格的に始めて七年、木工場を構えて二年
今年初出品でした

たくさん悩んで、手を掛けて制作した品物が
たくさんの方に見てもらえる機会を得られたことに
とても嬉しく思います

日本伝統工芸展
明日9月19日(水)から10月1日まで
日本橋三越本店にて










by urushisada | 2018-09-18 22:44 | 展覧会 | Comments(2)

八足案のお仕事 桧の材料 2018.08.20

神社や神事に用いられる八本の足を持つ八足案と言う小机を
大小合わせて五台の製作依頼がありました

早速、木材屋さんから桧の柾目の乾燥材を仕入れました
仕上げのプラスαの厚みに製材し1、2ヶ月寝かしてから木地作りに入ります
c0213599_17241177.jpg
廊下に立て掛けてある桧からとても良い香りがします







by urushisada | 2018-08-20 00:08 | 仏壇・仏具の仕事 | Comments(0)

書「魂」の額 2019.05.27

c0213599_01263766.jpg
「魂」の筆文字のご依頼がありました
書に合わせて額を旦那さんが制作いたしました

c0213599_01272430.jpg
サクラ材を使用し、生漆の拭き漆仕上げをしました

c0213599_01282136.jpg
品の良い品物に仕上がりました
中に入る作品に合わせて制作できることが我が家の強みです






c0213599_21375183.jpg
今週末は大家さんに誘われて山菜取に行ってきました
お目当ては、今が旬の山菜「カタハ」(ウワバミソウ)
カタハは我が家の大好物
特に娘たちは山ほど食します
c0213599_21383009.jpg
毎度のことながら急な斜面を下ったり登ったり
たどり着いた先は斜面にたくさん生息するカタハ
しかも、水辺付近に生息しているので足場はドロドロ
どんどん崩れていく斜面に恐怖を感じた私は足場の安全なところで
ちまちま小さいカタハを採っていました
大家さんはガンガン斜面で採りまくっていました

たくさんカタハが採れたので、我が家はみんなで山ほど食することが出来ました110.png
大家さんに感謝





(以前、旦那さんが制作した書の額のお仕事のブログ)













by urushisada | 2018-05-27 22:50 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

拭き漆額 2018.04.12

書道で「五蘊(ごうん)」という作品を制作したので
我が家の指物師、旦那さんに額を発注しました

c0213599_22501652.jpg
今回は、桜材を使って額を作ります
c0213599_23282516.jpg
c0213599_23330735.jpg
仕上げは溜め色の拭き漆仕上げをしました
拭き漆仕上げとは、木地に漆を摺り込みふき上げる作業を繰り返し行います
木目の素材感を生かした技法です
今回は、朱色で2回拭き漆をした後に、生漆で4回拭き漆をし仕上げました

私の書いた書が漆額によってとても趣のある作品になりました


今回制作した書の額は、明日から始まる書道の作品展に出展いたします

「小泉景鶴 社中展」
4月13日(金)~4月15日(日)まで
10:00~17:00
 
〒920-2133
石川県白山市鶴来大国町西671
鶴の蔵(自宅・工房・教室)

天井から床まで下がる、迫力ある大作などもあり
大変見ごたえのある作品展です


私は書のほかに、漆の作品もおかせて頂いております
14日(土)に在廊しておりますので、ぜひお越しくださいませ





by urushisada | 2018-04-12 23:41 | 漆工芸品の仕事 | Comments(0)

リンク

カテゴリ

全体
我が家のこと
仏壇・仏具の仕事
厨子の仕事
漆工芸品の仕事
漆の材料・道具
展覧会
異業種交流

タグ

(186)
(153)
(134)
(107)
(101)
(98)
(79)
(78)
(58)
(53)
(49)
(43)
(34)
(33)
(23)
(23)
(21)
(20)
(19)
(9)
(5)
(4)

最新の記事

我が家の漆畑 2019.06..
at 2019-06-10 00:51
金沢の桜 2019.04.11
at 2019-04-11 22:15
春ららら市 2019.04.08
at 2019-04-07 23:42
指揮者田中祐子さんの指揮棒ケ..
at 2019-03-19 08:41
木工小屋の一日 2018.0..
at 2019-03-04 00:05

記事ランキング

以前の記事

2019年 06月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...

最新のコメント

にゃん子さん コメント..
by urushisada at 00:28
先日、伝統工芸展を見に行..
by にゃん子 at 15:01
貴重な筆、入手できて良か..
by 蒔絵師masa at 16:30
胡さん こんにちは ..
by urushisada at 22:03
メールを教えていただけま..
by 胡 at 14:10

ブログジャンル

クリエイター
北陸

画像一覧